鬼 滅 の 刃 しのぶ と どう ま。 鬼滅の刃の胡蝶しのぶが竈門炭治郎の呼び方を変えた理由は?

どう 鬼 と の 滅 ま 刃 しのぶ

継国縁壱(つぎくに よりいち) 「始まりの呼吸の剣士」。 突っ張っているが、根は女子供に弱い。 禰󠄀豆子の血鬼術によって解毒され一命は取り留めるも、負傷は大きく、柱を引退する。

どう 鬼 と の 滅 ま 刃 しのぶ

祝言間近の姉・蔦子を鬼に殺された過去を持つ。 しかし、童磨がやられるまでは自分は成仏できない、つまり、しのぶは死後の世界、この世とあの世の境目に居たということになります。

19
どう 鬼 と の 滅 ま 刃 しのぶ

ただ 顔の酷似した人々が、現代で理想的な関係で幸せそうに暮らしている感じである。 柱合会議後は彼と並ぶ炭治郎の数少ない理解者となる。 その後で薬の効果が出始め、強靭な肉体を持つものの、日光の下に出られないという中途半端な状態になってしまう。

3
どう 鬼 と の 滅 ま 刃 しのぶ

本来なら人間を喰らい、鬼としての力を高めなければ使えない血鬼術だが、禰󠄀豆子は意志の力だけで引き出した。 しのぶが童磨に取り込まれ死んでしまったように見えていたのは、実はミスリードだったのでしょうか…!? この真相は、この後第163話「心あふれる」で明らかになっています。 両耳には日輪の飾りがついている。

19
どう 鬼 と の 滅 ま 刃 しのぶ

弐ノ型 懊悩巡る恋(おうのうめぐるこい) 流れるように刃をしならせて斬る。 しのぶの強さを肌で感じた鬼は、下弦の伍である累に無理やり従わされていることを告げる。 産屋敷輝哉の鴉はマフラーのようなものを巻いており、伝言を一言一句正確に伝える。

2
どう 鬼 と の 滅 ま 刃 しのぶ

「燃やしたい物だけを燃やす」という特殊性があり、敵の血鬼術の効力を焼き切るということも可能。

11
どう 鬼 と の 滅 ま 刃 しのぶ

それは、姉を殺した鬼の特徴です。 蝶の髪飾りと、蝶の羽を模した羽織を着用している。 伊之助と容姿が似ている。

19