関電 助役。 関電はなぜ、元助役の暗躍許したか 第三者委報告から見えた「ズブズブ」の実情: J

助役 関電

地元の港湾会社が設けた貯木場の木材を食い荒らして、関電との間にトラブルが生じていた。 一人で1億円以上も懐に入れたツワモノもいるらしい。 解放同盟の関係者であるという「部落は怖いもの」とする予断や偏見を利用し、さらに森山氏をアンタッチャブルの扱いにくい人物に一部マスコミは差別を利用して肥大化させているのではないだろうか。

12
助役 関電

あの発言は意味深でしたね」 高浜町の絶対的実力者だった森山氏と歴代の関電の原子力事業担当の幹部は、いわば「癒着」の関係にあったのだ。 菅義偉政権にかわったからと言って、疑惑解明の課題から逃げることは許されません。

4
助役 関電

とのことだ。

10
助役 関電

朝日新聞デジタル2019年10月1日• もっとも、共産党と協力関係にある旧全国部落解放運動連合会(全解連、現全国地域人権運動総連合)は、解放同盟から1976年に分かれ、当時は解放同盟とは激しく対立する関係だった。 つまり、発注側と受注側の双方で役職に就 つ いていたのである。 差別のない暮らしやすい社会を実現させるためにも、一人ひとりが正しい理解を持って、不当要求にはき然とした態度で臨みましょう。

1
助役 関電

14日の記者会見で不退転の決意を強調した森本孝・新社長の覚悟が問われる。

13
助役 関電

伊坂は、政界を揺るがした平和相銀事件で東京地検特捜部が86年に商法違反(特別背任罪)で摘発した弁護士である。

1