フェアリー タイプ の 弱点 ソード。 フェアリー

タイプ の 弱点 ソード フェアリー

しかし、第3世代、第4世代と種数が増えていくにつれ、サーナイトやトゲキッスといった原作でも名を馳せた強豪たちが参戦するようになると、その評価も変わっていき、2019年に遂に待望のフェアリー通常技である「」(原作ではダメージを与えない技であったが、本作では攻撃技として扱われれている)が追加されたことで、アタッカーとしても申し分のない活躍を見せるようになった。 急所に当たった場合は軽減されない。

タイプ の 弱点 ソード フェアリー

逆に物理技は非常に少なく、第8世代現在「」「」の2つのみ。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 この技の残りPPが少ない時ほど威力が高くなり、残りPPが5以上の時は40、4の時は50、3の時は60、2の時は80、1の時は200となる。

6
タイプ の 弱点 ソード フェアリー

最終系は36種。 持ち物が「せいれいプレート」の場合、威力が1. 反撃は3からと考えると少々長な気もするが、にも対応しており1で劇的に強化できる。 しかし ドラゴンタイプやフェアリータイプが収録されていません。

タイプ の 弱点 ソード フェアリー

弱点も鋼とというど使われなかった2つだけと、に優秀である。

5
タイプ の 弱点 ソード フェアリー

攻撃や防御の高いポケモンが多く、技は威力の高い物理技がそろっています。 あく 攻撃時相性 効果抜群(2倍) エスパー、ゴースト いまひとつ(0. ダイマックスしている相手には無効。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。

5
タイプ の 弱点 ソード フェアリー

技で見た場合、特殊技は新規タイプの割には多く「」「」など威力の高いものも揃っている。 ただし上述の通りカプ神はもらえていない。 新規勢では、あくタイプを生かしてなどに対して強く出られる点を評価されたオーロンゲが一定数存在している。