デレマス ss ヤンデレ。 提督「…辞めて欲しい?」

ヤンデレ デレマス ss

しかし、ヤンデレと言えばやはりまゆゆですね。

4
ヤンデレ デレマス ss

デレステでヤンデレといえば、もちろんまゆちゃん。 そしてその内恰幅のいい人を手当たり次第に監禁しては食わせるを繰り返すようになる。 離れる、居なくなる、捨てられる事を非常に恐れます。

11
ヤンデレ デレマス ss

ヤンデレに関してはまゆゆがじわじわとヤンデレ化していくところに鳥肌が立ちますw 他のデレマス作品とは一味違ったストーリーが楽しめますよ。 ただしからは プロデューサーが絡まないとええ子 とされている。 アイドルの独白のような形が多いです。

7
ヤンデレ デレマス ss

今出てるアニメのラジオにゲストで出るんですけど…」 P「ああ、知ってるよ、菜々がパーソナリティーやってるやつだな」 文香「それに備えて…また練習してくれませんか?」 P「別にいいけど、そんなに心配する事ないぞ?菜々はトークが上手だから不安だったら任せてもいいし…」 文香「いえ、お仕事を頑張るっていう約束ですから…」 P「そうか…そうだったな…」 文香「それに…その…」 P「?」 文香「そのラジオは…. 感想 ヤンデレ具合がなかなか面白いw まゆにいたっては、めちゃ怖いんですけど…… やばい寒気がしてきた。 彼女達……彼女達の目にはハイライトが無い NG「「「アハハハハハハハハハハハハ!」」」 P「ヒッ……! に、逃げなきゃ……なんだか分からないが逃げなければマズい! 」 凛「プロデューサー?」 卯月「どこ行くんですかぁ?」 P 回り込まれた! 未央「知らなかったの? ニュージェネレーションからは逃げられないんだよ?」 P くそ……何か、何か手は無いのか!誰でも良いから助けてくれ……神様仏様ちひろ様! 幸子「フフーン!おはようございます!今日も可愛いボクがやってきましたよ!」 P 幸子オオオオオオオオオオ! P「逃げろ幸子!今はかなりマズい!」 幸子「え?え?どうしたんですか、プロデューサーさん?」 未央「さっちゃん、プロデューサー……ううん、私達の彼氏を通さないようにしてくれる?その人、なんでか知らないけど私達から逃げようとするんだよね」 幸子「誰がさっちゃんですか。 また元々内気でおどおどした言動が多い彼女だけに、先述の「依存的」とされる台詞についても、アイドルという未知の世界に対する純粋な不安から来るものとする意見も多く、現にで序盤は「カエルさんのおまじない」に依存していた。

9
ヤンデレ デレマス ss

09 ID:KVxCenjw0 P「エレベーター早く来てくれ…」 雪歩「ぷろでゅぅさぁぁ…」 P「早く早く!!」カチカチカチ 雪歩「待ってくださぃ」カラカラカラ P「来た!早く扉閉まれ!閉まれ!閉まれ!」カチカチカチ 雪歩「逃がしません!!」 P「ひぃっ!ドアを貫通した…」 雪歩「あぁっ!シャベルがエレベーターに持って行かれますぅ」 P「よかった。 ) P「おーい文香ー、来たぞー?」 文香「あっ、Pさん…いらっしゃい…」 P「珍しいな、文香の方から俺を呼ぶなんて…」 文香「そうかもしれません…」 文香「ここに人を呼んだのは…. だから、好きな人も3人一緒って感じだね」 卯月「3人が同じ人を好きになったので、これが一番良いかなって思ったんです……」 P それほどまでにそいつの事を……。 」 文香「…Pさんも…そう思いますか?」 P「当たり前だろ、俺は文香を一番近くで見てるつもりだからな」 文香「….。

20
ヤンデレ デレマス ss

自己愛を素直に表現する事も出来ず、相手の利害を考える事も出来ない。 後、私のヤンデレの定義が若干ズレているかもしれませんが、ご了承頂ければと思います。

2