お布施 封筒。 正しいお布施の入れ方がわかる!書き方や包み方まで徹底解説!

封筒 お布施

まず、最も丁寧な形とされているのが 奉書紙で包む場合です。

12
封筒 お布施

ただ、現実には、地域・宗派の違いなどにより、お布施袋にもいろいろなタイプのものが使用されています。 」 などが無難です。 お布施 と表書きします。

3
封筒 お布施

渡し方の流儀を理解していれば、いざ僧侶が来たときにも戸惑うことなくスムーズにお布施を手渡せるでしょう。

16
封筒 お布施

これを包む封筒は、 白色の無地を選ぶのが一般的です。 法要などで僧侶を呼ぶ際には、できれば新札を用意しましょう。

10
封筒 お布施

まとめ ・僧侶へのお礼は、読経料や戒名料などを含めてすべて「お布施」としてお渡しする。

13
封筒 お布施

もっとも、以上の場合の他にも表書きについては空白のままで何も記載しなくて良いとされています。 中袋がある時に裏書きが必要ない理由は、裏書きに書く内容を中袋に書くためです。 袱紗に包む お布施を僧侶に渡す際にもっとも一般的な方法が、 袱紗(ふくさ)に包むことです。

封筒 お布施

次に、ひし形の右の角を封筒にかぶせるように折りましょう。 一方、魂・お性根抜きの法要は、ほとんどの人は「一生の内に一度あるかないか」という仏事になります。 (地方によっては裏面に金額を書く地域がありますが、本来は書く必要はなく、金額を記載しなくてもマナー違反にはなりません)。

11
封筒 お布施

法事の際のお布施はお寺に法要をしていただいたお礼と感謝を示すものですから、渡し方についてもお寺の失礼にならないようにしたほうがよいといえます。

2
封筒 お布施

一:壱• 二重封筒ではないものを使います。 神道において葬儀(通夜祭や葬場祭)、霊祭は「祭」として執り行われるため、「御祭祀料」と記載して問題ありません。 記載する位置に迷った時は、裏面の中央より少し 右側に金額を大きく記載し、 左側に住所と氏名を記載しましょう。