ギブズ エネルギー と は。 ギブズの自由エネルギー・標準ギブズエネルギーと平衡定数

は と ギブズ エネルギー

が負の場合には、化学反応は自発的に起こり、 が正の場合には、化学反応は逆方向に起こる。

16
は と ギブズ エネルギー

そこで閉鎖系へと拡張され外界との熱の移動を考える時、外界のエントロピー変化との総和を考えなくてはいけません。

20
は と ギブズ エネルギー

議論の流れ上、複数の部分系からなる複合系と言ってきたが、部分系iをそっくりそのまま相iと言い換えることができる。 ・圧力 ・濃度 ・密度 ・(モルギブズエネルギー) ・温度 ・(標準酸化還元電位) 化学ポテンシャルはモル当たりのギブズエネルギーであり、示強性か示量性の変数を規格化したようなものと覚えておくといいです。

7
は と ギブズ エネルギー

最後にこの項目をわざわざ入れた意味を書いておく。 1 -49. つまり、 84 であり、これらの考察を一般化して整理すると、部分系の温度と圧力がすべて等しいときは以下の関係が常に成り立つことが導ける。 孤立した系では、自発的に反応が進む場合エントロピーは増大します(熱力学第2法則) (何もしないと部屋が散らかっていくイメージでとらえると良いでしょう)。

8
は と ギブズ エネルギー

また、閉じた系における熱力学的平衡条件は自由エネルギーが極小値をとることである。

4
は と ギブズ エネルギー

化学電池の起電力 = (正極の電極電位) - (負極の電極電位) 化学電池の起電力(電流の駆動力)は電位差(電圧)に等しいので、 電池の電力量について次式が成り立つ。 言いかえると、上記1 2 3 4 のどれかが変化するとエンタルピー,エントロピー、そしてギブス自由エネルギーも変化します。 電池において、両極間の電位差または起電力は次式で計算される。

5