ご 期待 に 添え ず 申し訳 ご ざいません。 不採用通知をするときのメール・電話の文例

添え ざいません 申し訳 ず 期待 ご ご に

些細なことに感じるかもしれませんが、応募者にとってはただでさえ受け取りたくない内容です。 「沿う」が正しく「添う」は間違いというわけでもありません。 勝手を申しまして大変恐縮ですが 勝手を申しまして大変恐縮ですが、当社の営業時間は朝9時から夕方の6時までとなっております。

添え ざいません 申し訳 ず 期待 ご ご に

ご希望に添うことができず大変申し訳ございません。 『「ご期待に添えず」誠に残念です』などとするケースも見受けられます。

5
添え ざいません 申し訳 ず 期待 ご ご に

」 29、「この度は御社の ご要望にお応えさせていただこうとしたところ、どうしても結果の点におきましてご希望に添えず、大変申し訳ございませんでした。

添え ざいません 申し訳 ず 期待 ご ご に

【断りメールの修正文】 このたびは、新商品発表会のご案内をいただき、誠にありがとうございます。 ご要望にお応えできず本当に申し訳ございません。 ご希望に添えず大変恐縮ですが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

3
添え ざいません 申し訳 ず 期待 ご ご に

「ご期待に添えず」という言葉は、口頭で使われる言葉というよりは、文章やメールでの使用が多く見られる表現です。

14
添え ざいません 申し訳 ず 期待 ご ご に

「ご期待に添えず」は相手の意に添えない場合に謝罪しながら断るといった意味があります。 相手に配慮や気遣いを示せてなおかつ断りなど言い出しにくい場面で使用が可能な便利な言葉であるクッション言葉は、どうしても何となく使用してしまいがちです。 「ご期待に添えず」などクッションを用いて心中をお察ししましょう。

18