沈思 黙考。 「沈思黙考(ちんしもっこう)」の意味や由来|例文も紹介

黙考 沈思

そうでなければ、沈思黙考することは、ただ深く物事を考えすぎて思い悩み、何を始めるのも迷って収拾がつかず、考え込むだけで行動に移せないようなことになりかねないからだ。 百術千慮 ひゃくじゅつせんりょ :できるだけ多くの方法や手段について考えを巡らせること• 「沈思黙考」同様、「黙って深く考える」という文字通りの意味を持つ四字熟語です。

黙考 沈思

「大悟徹底」の意味は、執着や煩悩を断ち切り物事の本質を知る事や心理を悟ることです。 好謀善断 こうぼうぜんだん :よく考えて、正しい判断を下すこと• 「沈思黙考」とは、この二つの意味を組み合わせて、深く物事を探り当てることをより強めた言葉となっていますが、皆さんは、この「沈思黙考」という言葉をきいたことがありますか。

2
黙考 沈思

一言で「考える・思う」と言っても様々なタイプの人間がいます。 熟思黙想(じゅくしもくそう)• の「brown study」という表現が、特に面白く感じるのではないでしょうか。

20
黙考 沈思

彼が人の話をただ聞き流すことのないのは、彼には沈思黙考により考える力が身についていたからだったのだ。

15
黙考 沈思

「sit」という単語は「座る」という意味が一般的ではありますが、「思考」という単語と一緒に使われているので「ふける」という風に意訳することがポイントとなります。

6
黙考 沈思

まず、「 沈思」とは「沈んで思うこと」 すなわち、「 頭の奥深くまでじっくりと思考を巡らすこと」を意味します。 ああ、どうすればいいのかしら。 私は文章を書くことが大好きで、文章を考える時や文章を書く時は 沈思黙考している。