日立 アステモ。 日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業が統合 吸収合併の効力発生日が2021年1月1日に決定

アステモ 日立

4社は2019年10月に経営統合を発表、ホンダが系列サプライヤーであるケーヒンとショーワ、日信工業を完全子会社化した上で、日立オートモティブシステムズを最終的な存続会社として吸収合併することを決めた。

11
アステモ 日立

4社は2019年10月に経営統合を発表、ホンダが系列サプライヤーであるケーヒンとショーワ、日信工業を完全子会社化した上で、日立オートモティブシステムズを最終的な存続会社として吸収合併することを決めた。

アステモ 日立

統合会社は、事業規模の拡大と技術の強みにより、コア事業における技術・ソリューションの競争力を強化し、激変する市場環境に対応していきます。 駆動力伝達系と足周りを得意とするZF、操舵システムとシャシー制御を得意とするTRWの統合によってどのような価値を生み出せるのか。

6
アステモ 日立

なお、統合会社は日立グループの一員として日立ブランドを使用していく。 現在、自動車・二輪車業界では100年に一度と言われる大変革時代に直面しており、環境負荷の低減や交通事故削減、快適性のさらなる向上等が求められる中、今後の自動車・二輪車システムの中核である電動化や自動運転、コネクテッドカー等の分野において、競争が激化しています。

20
アステモ 日立

基本契約によると、ホンダがケーヒン、ショーワおよび日信工業の普通株式を対象として公開買付けを実施し、3社を完全子会社とした上で、日立オートモティブシステムズを存続会社、ケーヒン、ショーワおよび日信工業を消滅会社とする吸収合併を実施する。

11
アステモ 日立

ホンダは、「第46回東京モーターショー2019」において、4代目となる新型「フィット」を発表した。 《高木啓》. さらに、日立オートモティブシステムズを最終的な吸収合併存続会社とし、ケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収合併することが決定。 日立と日信工業、ショーワの製品が集まることで、ブレーキやサスペンション、プロペラシャフトも高いシェアになるだろう」(コッホ氏)と見込む。

アステモ 日立

関連リンク• 関連記事• また、ケーヒンとショーワ、日信工業の二輪車ビジネスの実績も活用していく。

13
アステモ 日立

写真はそのふたつを統合制御する新システム搭載車両の試走会でのワンシーン。 自動車も移動の1つなので、日立にとって自動車部品事業は重要なソリューションだ」と小島氏は説明した。

15
アステモ 日立

日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業は11月18日、日立Astemo の取締役および監査役人事を発表した。 ショーワ、ケーヒンなど名門サプライヤーの統合でグローバル展開を拡大 ホンダは2020年10月に系列サプライヤーのケーヒン、ショーワ、日信工業の株を公開買い付けによって取得し、完全子会社化が完了。 なぜかモビリティセクターには入れてもらえなかったようです。

7