アンゴルモア 元 寇 合 戦記 博多 編。 アンゴルモア元寇合戦記 Part.7 [sc]

寇 合 戦記 博多 編 アンゴルモア 元

『』の記述では、志賀島に座礁した兵船の大将は入水自殺し、他の元兵たちは武器を捨てて船から投降し生け捕られ、水木岸にて220人程が斬殺されたという。 美術設計協力:倉橋隆、伊井藏、青柳 ゆづか• 蒙古国書への対応を巡る朝廷の 評定 ( ひょうじょう )は連日続けられた。

11
寇 合 戦記 博多 編 アンゴルモア 元

蒙古・漢軍 30,000• (弘安4年・至元18年)2月、クビライは侵攻に先立って首都・に日本侵攻軍の司令官である(阿剌罕)、、(忻都)、ら諸将を召集し以下のように演説した。 輝日姫的異母兄長。 至元三年八月 日 — 宗性筆『調伏異朝怨敵抄』蒙古国牒状、東大寺尊勝院文書 蒙古国牒状 上天眷命 大蒙古國皇帝奉書 日本國王、朕惟自古小國之君 境土相接、尚務講信修睦、況我 祖宗受天明命、奄有區夏、遐方異 域、畏威懷徳者、不可悉數、朕即 位之初、以高麗无辜之民久瘁 鋒鏑、即令罷兵還其疆域、反其 旄倪、高麗君臣、感戴來朝、義雖 君臣、而歡若父子、計 王之君臣、亦已知之、高麗朕之 東藩也、日本密迩高麗、開國以 來、亦時通中國、至於朕躬、而無 一乘之使以通和好、尚恐 王國知之未審、故特遣使持書 布告朕意、冀自今以往、通問結 好、以相親睦、且聖人以四海爲 家、不相通好、豈一家之理哉、至 用兵、夫孰所好 王其圖之、不宣 至元三年八月 日 筆『調伏異朝怨敵抄』蒙古国牒状 南都尊勝院所蔵 日本語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。

寇 合 戦記 博多 編 アンゴルモア 元

(中略)そもそも貴国はかつて我が国と人物の往来は無かった。

9
寇 合 戦記 博多 編 アンゴルモア 元

弥次郎(:) の養子格。

16
寇 合 戦記 博多 編 アンゴルモア 元

歴史の定説でいえば、壇ノ浦の敗戦により帝は8歳の幼さで入水してこの世を去るのですが、一方で生存説も存在していて、本作では95歳の安徳帝が登場します。

15
寇 合 戦記 博多 編 アンゴルモア 元

高麗国王・はを派遣してクビライに対して曹子一の無実を訴え解放を求めたものの、結局、曹子一は洪茶丘の厳しい取調べの末に処刑された。

20