かん と ん ほうけ いと は。 sikiten1

は ほうけ いと ん かん と

「閉めていらっしゃいな。 」といへば、 利仁うちほゝゑみて (*原文「うちほゝえみて」)「何ごとぞ。

5
は ほうけ いと ん かん と

塩辛い。

14
は ほうけ いと ん かん と

また、肉や魚などの食品缶詰でもスコアと呼ばれる深い傷のような線を表面につけて、大きく開くようにしたものも多い。

8
は ほうけ いと ん かん と

」とてことの次第をこまかにとひければをしへつ。 「お茶を入れかえて参ります。 L - かき、、ミカン、桃、等の大きさ(大)• いでや、いとかたじけなく、いみじき御気 色なりしかば、人のかく思しいそぐめりし方にも御心も寄ら ず。

18
は ほうけ いと ん かん と

」 と 言 ( ことば )も 極 ( きま )って 含羞 ( はにか )んだ、 紅 ( あか )い 手絡 ( てがら )のしおらしさ。 飲みね。

は ほうけ いと ん かん と

惱ありて御出家、法名こんがうほうと申き。 「宇治より大輔のおとどにと て、もてわづらひはべりつる を、例の、御前にてぞ御覧ぜ んとて取りはべりぬる」と言 P110 ふもいとあわたたしきけしきにて、 「この籠は、金をつく りて、色どりたる籠なりけり。 又おきならが家の女どものもとなる、くしげかゞみのかげみえがたく、とかくみもしらすうちはさめてをきたるに、ならひて、あかくみがけるかゞみにむかひて、わが身のかたちを見るに、かつはかげはづかしく、又いとめづらしきにもむかへりや。

14
は ほうけ いと ん かん と

あほな。

15
は ほうけ いと ん かん と

はんぺん はんぺん焼いて、すましかけるとうまい。 宮の御文を、すぐれたりと 誦じののしれど、何とも聞き入れたまはず、いかなる心地に てかかることをもし出づらむと、そらにのみ思ほしほれたり。 夜べさけびしははやう (*果たして)そのへんにある下人のかぎりに物いひきかすとて、「人よびの岡」とて、あるつかのうへにていふなりけり。

4